習い事の前の「手習い事」が
脳を心を体をつくる!
イメージ画像

キッズとうかスクールの理念キッズとうかスクールの理念

かんがえる!うごく!つくる!

人は、生まれたときに、生きるために必要な臓器は勝手に動いています。脳ももちろん動いています。
しかしながら、脳は唯一、未完成の器官で、生まれてから発達が始まります。
脳細胞は、外からの刺激がなければ、発達が促されません。

「キッズとうかスクール」では、
遊び感覚で様々な体験と体感を繰り返すことで、子ども一人ひとりに適した脳の発達を促す教具と言葉がけを行い、
「読み書きそろばん」の習い事がスムーズに出来る脳と心と体をつくります。

やる気は、知識からは生まれません。豊かな心、ひらめき、創造力からしか導けないのです。
今の子ども達が大人になるころには、人工知能やロボットが家庭の中・身の回りや職場のあちこちに配備され、人間社会に共存していることでしょう。
その時には、筆記試験オール5が取れることはあまり重要ではなくなっています。
なぜなら、人工知能やロボットのほうが得意ですし、任せたほうが効率がよいのです。
では、私たちはどうすればよいのでしょう。

好奇心とチャレンジ精神に満ち、自分の頭で考え、新しいものを生み出す創造力を養い、
・誰も気づかないことに気付き
・誰も思いつかないことを思いつき
・誰もやったことのないことをやってみる
ここにたどり着きます。
それが出来る大人になってほしいと願い、
このキッズとうかスクールを立ち上げました。

代表
キッズとうかスクール 代表 片岡尚子

キッズとうかスクールの6つの特徴キッズとうかスクールの6つの特徴

1.かんがえる、うごく、つくる! 2.最先端教育法「アクティブラーニング方式」を採用 3.NPO法人日本創造力開発センター認定!大手企業研修に使われる等価変換創造理論! 4.第一線で活躍の専門家が直接指導も!安心のファシリテーター 5.親とファシリテーターが一緒に子どもを育む 6.祖父母様は1レッスン2,000円でお孫様と一緒にご受講できます!1.かんがえる、うごく、つくる! 2.最先端教育法「アクティブラーニング方式」を採用 3.NPO法人日本創造力開発センター認定!大手企業研修に使われる等価変換創造理論! 4.第一線で活躍の専門家が直接指導も!安心のファシリテーター 5.親とファシリテーターが一緒に子どもを育む 6.祖父母様は1レッスン2,000円でお孫様と一緒にご受講できます!

プランナー紹介 & 授業紹介プランナー紹介 & 授業紹介

とうか プランナー:市川はるみ

ものづくり・創造性を育む
湯川秀樹が認めた!
市川亀久彌博士の等価変換創造理論

…オリジナル教材「等価カード」等価絵本などを活用し、
ものづくりも行いながら、異なるものの中に潜む同じもの
(ある視点からみた本質)を見つけることで、発想力を伸ばします。

市川亀久彌

1915年生まれ 京都大学工学部・青柳塾卒。
同志社大学教授、「等価変換創造学会」会長を歴任。
1955年に等価変換創造理論を確立、体系化した。
2000年死去。









市川はるみ

市川亀久彌三女。同志社女子大学卒。
等価変換創造理論による子ども向けプログラムを開発・実施。子どもたちとの活動が大好き。2006年にCAMPと共同開発した「発明ワークショップ」はCAMPで現在も開催。フリーランスのライター、編集者。生活クラブ生協の雑誌などに寄稿、『中学生の質問箱』シリーズ(平凡社)の立ち上げ・編集、小学生向け図書館用大型本などの編集に携わる。

イメージ画像
脳発達 プランナー:勝山結夢

学びと運動の一体化
小1プロブレム・10歳の壁がなくなる!
国際臨床保育研究所所長 辻井正博士

知能と感覚を育てる国際的に使用されている教具を使用
小学校に行くまでに基礎的な遊びと学びのスキルを身につけます。

辻井正

1940年、奈良県生まれ。
関西学院大学文学部修士課程修了。
高校教師を経て、ドイツ障害者の町「ベテル」少年の家勤務。
2000年、大阪府社会教育委員。
2000年、大阪府教育功労賞受賞。
2001年、博士号修得 Doctor of Sociology 『Modern Society and Children』。
2002年、旧オランダ王立教育評価機構 Cito プラミーデ公認教授資格。
2008年、神戸こども総合専門学院学院長に就任。
2009年、ニュージーランドのPMP(感覚運動)の翻訳と導入を行う。
NPO法人国際臨床保育研究所 所長。
日本全国の園内研修や講演会に招かれ執筆活動、研究を続けながら現場を歩き続ける。
2016年12月、死去

勝山結夢

故 NPO法人国際臨床保育研究所 所長 辻井 正のもとで ピラミーデやアクティブ・ラーニング(プロジェクト幼児教育法)、乳児期のCARE(養護)と幼児期の教育が 一体化された幼児教育理論やセラピー教具の必要性を学び、これらを基に「おもちゃセラピスト」として、 保育や教育の現場での研修、講座を通して支援としてのセラピー教具の普及活動を行う。
各地保育園、幼稚園、子ども園にて保育環境や保育の質向上研修、勉強会を行なう。
最近では小学校の職員向け研修も行っている。


さんすう プランナー:安藤秋子

さんすう・幾何学・数の魅力を感覚的に伝え、
子供の楽しい!を導きます

浪平博人博士のなみひらメソッド
&折り紙博士前川淳先生の折り紙ワーク

…暗記ではなく、空間認識や物質、いわゆる三次元でとらえ、
本質を理解することで算数の楽しさを感じ、
将来にも役に立つ、使える算数プログラムを行います。

アドバイザー 浪平博人

1942年生まれ
技術士(情報処理)、博士(工学)。
ブリヂストン21年勤務後、産能短期大学・大妻女子大学教授歴任。現在、動視化技術研究所代表 著書多数

アドバイザー 前川淳

1958年生まれ
ソフトウェアエンジニア 折り紙作家・研究者
日本折紙学会評議員長
紙を折る前に展開図から折り方を設計する技法を考案。
代表作は「悪魔」日経サイエンス掲載

イメージ画像
こくご プランナー:堀井美沙

読解・語彙力・
コミュニケーション能力を身につける

…話すことが苦手なお子さんは、書くことも苦手になります。
私たちは、様々な共同体験を通し、お子様が体感することで、
国語力やコミュニケーション能力を高めていきます。

堀井美沙

小学校教諭・特別支援学級教員免許
NPO法人日本創造力開発センターファシリテーター
千葉大学教育学部卒業。公立小学校での勤務経験があり。
「誰かとともに学ぶ楽しさ」を知ってから成績がぐんと伸びた。
地域の子ども会活動で培った地縁を活かして、
地域で小さな学習教室を主宰している。
持ち前の明るさと発想力で子ども達を魅了しつづける。
1児の母。

イメージ画像
リトミック プランナー:城間智香子

音感・リズム感・表現力を高める
城間智香子リトミック

…音楽を通して春夏秋冬を学び、自らが体験・体感する中で
「できた!」
の達成感を味わいます。
想像力や感情表現豊かな子に育てます。
小学生はリトミック&物語を作ろうの二本立てです。

城間智香子

同志社女子大学学芸学部音楽学科卒。
00年04年フランスピアリッツでの夏期講習会に参加。ピアノをジェルソン・ドウヴェーズ女史に、ソルフェージュをザビーネ・ラクワレ女史に師事し、修了演奏会に出演する。ピアノを故古村義尚、井田康子、ヴラディスラフ・コバルスキー、名畑ゆかり、村上千佳の各氏に師事。
新宿高島屋キッズクラブにて、リトミック知育講師、品川区非常勤職員として、すまいるスクール伊藤学園に勤務。また、築地本願寺和田堀廟所にて婦人会コーラス指導、児童センターにてリトミック講師。現在、一児の母となり、新宿高島屋ベビー知育講師、グッドアエルミュージックを結成し、子ども向けコンサートを行っている。

書道アート プランナー:田坂州代

造形力を高める
書家 田坂州代
書道アート

…筆を使って自由に楽しく個性的なアート作品を作ります。
子どもの五感が存分に発揮され、
発想力が高まります。

田坂州代

日本大学芸術学部卒、同芸術研究所修了。
高等学校書道科教員免許、中学・高校国語科教員免許、
伝統文化コーディネーター検定上級保持。
日本演劇学会会員。文化経済学会会員。
2017年慶應義塾「福澤諭吉記念文明塾」講師。

何を学ぶにも欠かせない「言葉」と「文字」。あえて硬筆よりも扱いづらい筆を用いて、言霊を視覚的に多様に表現する「書道」ならではの魅力を、子どもたちの身体感覚で感じ取ってもらえたらと願っております。

イメージ画像
からだ・食
片岡尚子

共立女子大学卒。 健康管理士 食育アドバイザー STEPリーダー
NPO法人日本創造力開発センターファシリテーター
自身の食改善により持病が寛解し、食の大切さを痛感し、食育を広めるため、講師業に専念。
品川区立伊藤児童センター食育講師8年。川崎・志楽の湯カフェコンサル。料理教室、発達障害やウツの方への食事指導、企業への食講座などを行っている。
STEPリーダーとは、子どもを勇気づけ、積極的で責任感のある子どもに育てられる親になるためのトレーニングプログラムリーダーです。

安藤秋子

東京大学医学部健康科学・看護学科卒。
看護師・保険師・NPO法人日本創造力開発センターファシリテーター
(公財)東京都予防医学協会で看護師として8年勤務。内科・消化器科・内視鏡・糖尿病科・人間ドック肺診断科等に携わる。男子3人(0,3,6歳)の現役母!
折り紙博士の前川淳先生の折り紙愛好家。
3人の子育て真っ最中です。こどもは時間にとらわれず、まわりのものに興味をもち、熱中したり笑ったりします。こどもの生き生きとしたパワーにいつも驚かされます。たくさんの子供たちと一緒に、この世界にある面白さや美しさを一緒に体験したいと思っています。

土屋美世子

管理栄養士 昭和女子大学短期大学部食物科学科卒
NPO法人日本創造力開発センターファシリテーター
疾病予防のための栄養指導・健康支援事業、食品・化粧品・医薬品等の臨床試験に関する業務に従事。
幼児・児童期から自分の身体に意識を向けることは、未来の自分や大切な人たちを守る大きな力となります。一児の母。

アドバイザー
kids touka schoolシニアアドバイザー
上坂且

1939年福井県生まれ
61年金沢美術工芸大学工業デザイン卒。
同年(株)大阪アルミニューム製作所に入社。
74年、日本軽金属(株)に統合編入。主に新製品の開発及び販路開拓の業務を担当する。1983年、家庭用アイスクリーム製造器「どんびえ」を開発、2年連続「ヒット商品番付表日経産業新聞」に載り日経年間最優秀賞受賞、通算約500万個(約250億円)販売。
91年、全国の河川整備計画を行なう(財)リバーフロント整備センター(建設省外郭)に出向。
94年、同社退職後、山口県に入庁、工業技術センターデザイン部長に就任
99年、山口県退職後、(財)やまぐち産業振興財団マーケティングアドバイザーをつとめ、2002年より、首都圏販路開拓アドバイザーとして山口県中小企業の首都圏・全国への販路開拓の支援を行なっている。

kids touka schoolアドバイザー
鍛治舎康昭

1944年生まれ
1967年同志社大学電気工学部卒業
2004年オムロン株式会社退職
けいはんな新産業創出・交流センター
コーディネータ
NPO法人日本創造力開発センター
事務局長(常務理事)http://www.jcdc.cc
等価変換創造学会 幹事

発達支援アドバイザー
茂木厚子

石神井・冒険遊びの会相談役
自閉症スペクトラム支援士/保育士
発達支援の進んだ米国・カルフォルニア週の早期療育施設Early Intervention Schoolにて、発達が気になる子ども達を対象としたセラピーノウハウを学び、2007年帰国。
親支援が重要と考え、現在では「親がおうちでできるホームセラピー」を広げるための講演活動、保育者研修、発達相談、保護者向け講座などを行っている。

イメージ画像

片岡代表のお話

鈴木社長のお話

安藤さんのお話

コースと授業料コースと授業料

    クラスクラス
    4歳~9歳(年中~小3)クラス 
    開催日時開催日時
    隔週土曜 
    14時15分~15時00分 15時05分~15時50分  1単元×2 計90分
    授業料授業料
    入 会 費:10,000円
    月   謝:9,000円
    教材費(半年):3,000円(税抜)
オンラインショップ「無害な生活(mugai)」オンラインショップ「無害な生活(mugai)」

アクセスアクセス

「スタジオ楽屋」 中目黒駅 徒歩2分
東京都目黒区上目黒2-15-6 諸橋ビル3F 
TEL:03-3772-4642

会社概要会社概要

社 名 株式会社 TERRA
本 社 140-0015
東京都品川区西大井2-16-3
TEL : 03-3772-4642
代表者 代表 片岡尚子
mail : info@kidstouka.com